会社案内
Pico-Device Co.(English)
製品
ヒト皮膚ガス・ヒト汗関連
サンプリング用捕集バッグ
発汗計
ピコフローモニター
特許・実用新案
発表記事
科学知識の提供
お問合せ先

<ウェアラブル発汗計>

本装置は、手首に装着し体表からの発汗量を測定する装置です。汗は生命現象に深く関与しており、ヒトの状態が通常の状態であるか、あるいは刺激ストレスによる発汗状態にあるのかを判断出来ます。運動や生理的刺激や危険などを感じたときの刺激等に発汗は対応しており、ウェアラブル化により健康の状態を気軽にチェックすることが出来ます。

図1に示す本体はセンサー、ポンプ、ソフトウエア、伝送機能により成り、ポンプを間欠的な作動させ、その間の発汗量を得ます。皮膚ガスの湿度・皮膚温度等を転送します。図2に独自の皮膚ガスを捕集するための形状を設け、この形状と内部の小型ポンプにより正確に皮膚ガス 水蒸気を得ます。

図1
図2

異常な発汗から危険を察知し通知することや、緊張といった生理的な情報を手軽に知ることが出来ます。図3は交差点を過ぎていくときの発汗です。本装置は同時に皮膚温度も計測します。発汗量と皮膚温度は身体の調節に大事な基本因子です。

図3 測定例:交差点の信号2個通り過ぎて歩いていくときの発汗量

原理:図2の溝が接する皮膚上の発汗量を測定します。発汗量は間欠的に作動するポンプによって集めます。ポンプの休止時間中の発汗及びポンプの作動時間中の発汗がセンサーに送られます。発汗量は湿度センサー(あ)と温度センサー(い)、およびポンプの作動に伴う風量(う)の三者から計算します。また皮膚温度は別に設けた温度計により溝近傍の皮膚温度を測定します。用いる気流は乾燥クリーン化して用います。

知財:特開2002-195919、実用新案登録第3208401号