会社案内
Pico-Device Co.(English)
製品
ヒト皮膚ガス・ヒト汗関連
サンプリング用捕集バッグ
発汗計
ピコフローモニター
特許・実用新案
発表記事
科学知識の提供
お問合せ先
ウェアラブル発汗計




世の中の動向が現在ウェアラブル化へと向かっています。ヒトの生体情報を非侵襲的に得ることが非常に大切であり、ヒトの皮膚表面からはヒト皮膚ガス及び汗が得られます。今回汗に注目し、ウェアラブル発汗計の製品を製作しました。市販を開始します。

本装置は、手首に装着し体表からの発汗量を測定する装置です。汗は生命現象に深く関与しており、ヒトの状態が通常の状態であるか、あるいは刺激ストレスによる発汗状態にあるのかの判断できます。運動や生理的刺激や危険などを感じたときの刺激等に発汗は対応しており、ウェアラブル化により健康の状態を気軽にチェックすることができます。本装置では、手首の発汗量の変化を小型ながらポンプを用いることによって、正確に測ることができます。



また、その情報を無線を利用して、パソコンやスマートフォン(iPhoneまたはAndroid等のWi-Fi機能をもつもの)と連携し、データを収集し、閲覧、プリントアウト、さらには解析することでさまざまな場面での発汗の状態を知ることができます。これにより、異常な発汗から危険を察知することや、緊張といった生理的な情報を手軽に知ることができます。



Figure 1. ウェアラブル発汗計本体、腕に装着して使用



特徴:

Fig.1に示す本体にポンプ・センサー・無線といった機能すべての回路が集約されており、またポンプとセンサーの間欠的な動作を連動させ一定の間隔で測定データ(湿度、温度)をインターネット上に蓄積することができます。これにより消費電力を低減しつつ、長時間の使用を行うことができます。

また、インターネットの接続には無線iを採用しており、一般的なルーターに接続し、Fig. 2に示すような専用のソフトウェアをパソコンにインストールするだけで、簡単に使用することができます。また、このソフトウェアは、リアルタイムでウェアラブル発汗計からの測定データをモニターすることができるようになっており、異常の際にすぐに通知ができるような仕組みになっております。


2に示すような専用のソフトウェアをパソコンにインストールするだけで、簡単に使用することができます。また、このソフトウェアは、リアルタイムでウェアラブルに発汗計からの測定データをモニターすることができるようになっており、異常の際にすぐに通知ができるような仕くみになっております。




さらに、Figure 3.に示すように独自の皮膚ガスを捕集するための形状を施したシリコン部分を設け、この形状と内部の小型ポンプにより正確に皮膚ガスを捕集することができます。さらに内部には小型のリチウムイオンバッテリーを搭載しているので、1回の充電で、連続で5時間程度ご使用することができます。

    

Figure 3. ウェアラブル発汗計の測定部         

             

仕様:本体寸法 横:4.5cm 縦:8cm 高さ:3cm

装置の組み合わせ:ウェアラブル発汗計、パソコン、ルーター 測定結果はパソコン上でモニターします。ウエアラブル発汗計から無線でパソコンに送信します。